スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぎんざのてんじ

gggは、私一人で行くにはいつも遠い場所です。すぐたどりつけなくて、あったとおもった所になくて、松屋と三越と松坂屋の前をいったりきたりして、最後は携帯で調べてたどりつきます。
今日もばっちり迷ったよ。

http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
gggはマックス・フーバーというグラフィックデザイナーの展示でした。グラフィックの子が「きゅんきゅんする」って言っていたので、行ってきました。きゅんきゅんしました。
みててわくわくするグラフィックデザインってあるのだと知りました。きもちのよいデザインでした。
会場のキャプションにあった、彼は商業美術を芸術へ昇華させた人というのが、すごく納得出来た。
地下会場のジャズ音楽と彼の仕事に包まれた空間は、すごく良い気持ちになった。ジャズっていいねえ。

平面構成の参考書にと、彼の作品が載った1200円の小さい本を買いました。(また本買ってるよこの人)
ちなみにこの展示、明後日までです。ちなみに明日はgggお休みです・・・。



http://www.shiseido.co.jp/gallery/current/html/index.htm
資生堂のギャラリーにも行きました。
フィンランドのヘルシンキの大学メンバーの写真展示です。
流氷が普通に映っている景色とか、映っているものも個性がでていましたが、全員の写真に現れている色が、みんなとおいとおい北の寒い海の色でした。突き刺すように透き通った色でした。
すごかった。特にスサンナ・マユリという人の作品がすごく詩的で綺麗だった。
こちらは始まったばかりだから結構な期間展示していましす。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。