スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/25のツイートまとめ
hirasa7

ペロー建築の写真を見た後に倉俣作品の写真を見たら、なぜか後者の方が重く感じた。規模?時代?国民性?
12-25 20:52

あとお墓や葬式の文化。
12-25 20:42

祭りや祝いの民族学に興味出てきた
12-25 20:36

海外輸入された暦イベントの方が盛り上がり激しいよね。お彼岸やお盆や正月って静か
12-25 20:34

そして鏡を見たら70年代あたりの金星人のような格好…。とんがりブーツとぴったり帽子。輪郭はげしい
12-25 20:25

ギャラリーショップに2月からの21_21の倉俣さんとエトーレ展示の本が…。早くない?
12-25 20:21

ペローの図書館はパリ旅行で一番印象に残った場所だった。ルーブルやオルセーよりも、夕暮れの透き通るような本立てのようなビル群
12-25 20:11

建築家の手書きスケッチは純粋に感性と思考が行き来している感じが好きで眺めて飽きない
12-25 20:09

閉館一時間前は半額になるからドミニク・ペロー展行ってきた。
12-25 20:07

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。