スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバター観て来た
噂のアバター、川崎のIMAXシアターのチケット買って、友人と観てきました。
奥行きのある映像世界に、すっかり集中して魅入ってしまいました。
アクションシーンも見やすい見やすい。
作り込まれた世界観や設定に圧倒されました。

ストーリーは、そこまでジブリを感じませんでしたが、日本のマンガ文化の影響を感じました。(主人公の「何も考えてないけどとにかくやってみる」あたり)
サブキャラクターの人物描写に手が回ってないのと、最後綺麗にまとまり過ぎているのがストーリー自体の印象を薄くしているのだと思います。
あとちょっとゲームの超大作っぽい印象も受けました。

友人の買ったパンフを読みましたが、3D方式のための撮影方法や、CGの手の込みように驚きを超えてしまいました。
超巨額プロジェクト、しかも3Dという新しいかたちに参加した作り手の胆力にびびります。

予想よりも3D映画というのは面白い体験だし、良い映画が3Dなら観に行きたいと思いました。家じゃなかなか出来ない体験ですし。

あと、川崎の本屋は漫画家のサインが沢山あって壮観でした。
なにやら一人タッチのちがう人がいるな・・・と思ったらヘタリアの作者さんでした。





でも3Dだけが映画というわけにはいきません。
今日はついに「南極料理人」借りれました。
面白い!この映画好き!良い日本映画!

睡眠リズムが崩れて気分下降していたけれど、元気でた!
でも食べ物のシーンが多くって、食欲失せた!
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。